CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
bar nosta(バーノスタ)
〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2 浜松町262ビルB103 TEL&FAX/03-6323-5123
MOBILE
qrcode
<< 本日から営業終了時間22時になります! | main | お盆休みのお知らせです >>
翔んだカップル(再)
0

    0807

     

    昨日、また驚きの一報が入ってきました。

    我々ノスタ世代には忘れられない方のお一人です。

     

    轟二郎。

    「びっくり日本新記録」では、

    チャレンジボーイとして本名「三浦康一」で

    素人たちに混じって出演し、

    「所ジョージのドバドバ大爆弾」にも

    応援団として出演していました。

    CMにも数多く出演し、

    当時はとにかく出倒してた感があります。

     

    その中でも、今回はワタクシ店主が好きだった

    「翔んだカップル(1980-81年)」を紹介します。

    以前にも当ブログで書きましたが、

    少し加筆して書きたいと思います。

     

    コミック、映画とありますが、

    思い入れがあるのはフジテレビで放送していたテレビ版です。

    このドラマ、バカ全開でホントに好きでした。

     

    このドラマのポイントはずばり「妄想」で、

    ドラマのほとんどを妄想シーンが占めていると

    いっても過言ではありません。

     

    桂木文演じる圭ちゃんとの混浴シーンなんぞは

    かじりついて観ていたものです(笑)。

    どうやら自分の妄想グセはこういうとこから

    影響を受けてるのかもしれません(^^;

     

    そして、圭ちゃんと勇介(芦川誠)の邪魔ばかりする

    織田先輩(轟二郎)がウザい(笑)!

    ボクシング部のサル(水島びん)、キツネ(深見博)、

    タヌキ(秋山武史)たちとの寸劇も最高に面白く、

    轟二郎が随所に立ち振る舞う印象が強いドラマでした。

     

    ドラマのカテゴリーとはいえ、特筆すべきは、

    CGを随所に取り入れたり、NG集をやったりと、

    現代のテレビバラエティーの

    エポックメイキングであるということに尽きます。

     

    実際、今観ても全く古く感じないです。

    当時の旬のパロディー等もふんだんに取り入れられているので

    若い人たちにはわかりにくいかも知れませんが...。

     

    さて、主題歌の「僕等のダイアリー」は、

    『想い出がいっぱい』でお馴染みのH20が歌う、

    来生えつこ&来生たかおの手による名曲です。

    この曲は番組のエンディングで流れていたのですが、

    キャスト紹介からジェットコースターのシーンへ、

    そして歌の終了とともに♪デデデデ〜ンとNG集に流れていきます。

     

    その後、これに出演していた柳沢慎吾を中心メンバーにした

    「跳んだライバル」「跳んだパープリン」という

    原作からかけ離れた作品へと脱線し始めてきます(笑)。

    ここでも轟二郎が活躍してます。

     

    何も考えずに観れるブッ飛んだドラマでした。

     

    元気でウザい轟二郎で笑い転げた記憶を噛みしめ、

    喪に服したいと思います。

     

    合掌....。

     

    バー ノスタ

    | 懐かし系 | 10:22 | - | - | pookmark |