CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
bar nosta(バーノスタ)
〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2 浜松町262ビルB103 TEL&FAX/03-6323-5123
MOBILE
qrcode
<< 必ず再開を誓います! | main | バーノスタ休業延長のお知らせです >>
クイズ・ドレミファドン !
0

    0427

     

    休業して3週間目のバーノスタです。
    ブログは休業せずやっていきますよ〜(^^;

     

    ここ数日、本当に訃報が多いです。
    ブログに書きたい内容が
    亡くなった人ばかりになりがちなので
    違う話題でいきたいと思います。

     

    先日お店のポストにいわゆるアベノマスクが届きました。
    昔ながらの布マスクで子どもの頃はこれ使ってましたねぇ。

     

    で、布マスクというと「クイズドレミファドン!」で
    お手つきした時にもれなく付けられる

    「赤バッテンマスク」ですね(笑)

    これをさせられることで解答権がなくなり絶望的に。

    2人一組でクイズに参戦するのですが、

    2人とも間違ったらここで終了!

    ダブルで「赤バッテンマスク」状態になります。

     

    実際、映像をよ〜く観てみると、

    いただいたアベノマスクより大きいかもしれない。

    普通の布マスクにただ単に

    バツをこしらえたものではなさそうですね。

     

    んで、「クイズドレミファドン!」というと、
    1976年から12年間、
    日曜正午にフジテレビでやっていた人気番組。
    アシスタントの五十嵐夕紀が個人的に好きでした。

     

    子どもだったからそう思ったのかもしれませんが、

    とにかく司会からゲスト、出場者たちが
    全員ガチで楽しんでいたんじゃないかと
    思わせるくらいの盛り上がり感なのです。


    OP曲「クイズ・ドレミファドン!のテーマ」で、
    JALの飛行機をバックに
    みんなで手拍子をしながら歌うこの一体感!
    子どもだった自分はこの感じがたまらなく好きで、

    一緒になって歌っていました。

     

    高島忠夫率いるMC席もえらい賑やかで、
    前列にはアシスタントと三笑亭夢之助や

    江藤博利らの今でいうところのガヤ勢。
    その後ろには豪華ゲスト陣が配置され、

    当時の番組では珍しい賑やか具合!

     

    前半のルーレットクイズや

    ドッキリ扉クイズのあとに

    後半から始まるメインのイントロクイズ。

    さらにウルトライントロクイズ。

    さらにさらに超ウルトライントロクイズと難易度が増し、

    盛り上がりがピークになり固唾を呑む状況に!

     

    このイントロクイズが本当に大好きで、

    当時のヒット歌謡曲を予習復習し、

    本番(番組を観ること)にのぞんでいたほど(笑)

    大人になったら本気で出場したいと思っていました。

     

    そんなワケで、

    このアベノマスクをいただいたおかげで、

    大好きだった番組を振り返ることができました。

     

    この状況がいつまで続くのかわかりませんが、

    早く終息してお客さまと

    またこんな話がしたいと思う今日この頃です。

     

    バー ノスタ

    | 懐かし系 | 22:27 | - | - | pookmark |