CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
bar nosta(バーノスタ)
〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2 浜松町262ビルB103 TEL&FAX/03-6323-5123
MOBILE
qrcode
<< 本日(11/9)土曜日気まぐれ営業致します! | main | お酒その163 >>
公共広告機構「投げたらアカン(鈴木啓示)」
0

    1112

     

    今回はチョー有名なCMをご紹介します。

     

    というのも、
    実は店主、昔からヒザの持病がありまして、
    年に数回の割合で階段も上り下りできないほどの
    激痛に悩まされるのです。

     

    過度な運動等や歩き方に問題があるようで、
    どーにもイマイチ原因がわかりません。

     

    そんな感じで先週からまたヒザをいわしてしまいまして、
    足を引きずる生活をしているのですが、
    そんな「足を引きずる」際にいつも思い出すのが、
    1984年「公共広告機構(現:ACジャパン)」の
    CM「投げたらアカン」なのです。

     

    その年の流行語大賞も受賞した有名CMですね。

     

    言わずと知れた近鉄バファローズの大投手である鈴木啓示が
    足を引きずりながら、
    「中高生諸君(中略)、

    一度や二度の失敗で投げたらアカンのやで!」
    という名台詞が心を打つのです。

     

    ピッチャーが「投げたらアカン」ってどーゆーことよ?
    みたいなツッコミが入りそうですが、
    それも織り込み済みの制作者側の狙いであるのですね。

     

    のちに鈴木啓示は監督を

    途中でやめる(投げる)ことになるのはご愛嬌(^^;

     

    今はすでに中高生ではありませんが、中高年として、
    足を引きずりながらもこの言葉を胸にヒザを自愛しつつ、

    しっかりと歩んでいこうと思う店主なのでした。

     

    バー ノスタ

    | 懐かし系 | 17:17 | - | - | pookmark |