CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
bar nosta(バーノスタ)
〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2 浜松町262ビルB103 TEL&FAX/03-6323-5123
MOBILE
qrcode
<< 本日(6/29)土曜日気まぐれ営業致します! | main | お酒その154 >>
ゴールデン洋画劇場等の映画解説
0

    0703

     

    先日、また昭和が遠くいってしまいました。
    俳優・タレント・司会者とマルチに活躍されていた
    高島忠夫さんが亡くなりました。
    昭和のテレビにはいない日はなかったと
    思えるほど出倒していた方ですね。

     

    その数ある出演作の中でも、
    個人的に印象のある番組といえば、
    「ゴールデン洋画劇場」の映画解説ではないかな、と。
    氏自身の視点で紹介される解説は、
    これから観る者の期待をかき立てるものでした。

     

    話はここから映画解説の方へ行きますが、
    1970〜80年代の21時台で放映される映画番組には
    必ず映画解説が入っておりました。
    各局それぞれに突出した特徴があって、
    これらの解説如何で映画の良し悪しがわかってしまいます。

     

    そしてなんといっても
    映画解説者というのは本当にみんな個性がありました。
    極端な話、映画を観ずとも解説だけで

    お腹いっぱいの時もあります(笑)

     

    せっかくなので

    個人的に思い入れのある70〜80年代の5大番組で
    わかりやすく整理してみましょう。
    長期で放映されているので、
    曜日、時間帯、解説者等の変遷もあります。
    地域差もありますがとりあえず東京圏で見てみると…。

     

    日曜洋画劇場/テレビ朝日系/淀川長治
    月曜ロードショー/TBS系/荻昌弘
    水曜ロードショー(のちに金曜へ移行)/日本テレビ系/水野晴郎
    木曜洋画劇場/テレビ東京系/河野基比古
    ゴールデン洋画劇場/フジテレビ系/高島忠夫

     

    と、なります。

     

    う〜む!解説者たちの個性がハンパない!
    こうやって振り返ると、
    高島忠夫氏が亡くなってしまったことで、
    解説者全員が鬼籍に入ってしまったということに…。
    時の流れは非常に残酷です。

     

    そんな感じで氏の訃報から映画解説の話に
    思いっきりそれてしまいましたが、
    とにかくまた昭和が遠くなってしまいました。

    我々はさらにノスタルジックな気持ちへと行くのであります。

     

    合掌…。

     

    バー ノスタ

    | 懐かし系 | 10:43 | - | - | pookmark |