CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
bar nosta(バーノスタ)
〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2 浜松町262ビルB103 TEL&FAX/03-6323-5123
MOBILE
qrcode
<< お酒その149 | main | 本日(4/20)土曜日気まぐれ営業致します! >>
ルパン三世・TV第1シリーズ(再)
0

    0418

     

    平成から令和に変わるこのタイミングに

    我々を熱狂させた昭和に活躍した人たちが

    次々と旅立ってしまうのはもう止められないのでしょうか。

     

    今回もそんな感じで

    「ルパン三世・第1シリーズ(1971-72年)」を書きたいと思います。

    以前、2014年に当ブログで書いたものを少し加筆して紹介します。

    ルパン三世といったら圧倒的に赤ジャケットの第2シリーズを

    思い浮かべる方が多いかと思いますが、
    自分の中では緑のジャケットの第1シリーズが一番好きです。
    コレなんですよ、絶対コレ!

    第2シリーズはコメディ要素が多く取り入れられていたのですが、

    第1シリーズはハードボイルド色が強く、

    ここの舞台は一体どこ?と思わせるくらいの無国籍感。

    当時、アニメといえば子ども向けがほとんどだった時代に

    大人のニオイがプンプンするアニメでした。

     

    ワタクシ店主が初めて見たのは夕方の再放送からで、
    子どもに全く媚びないオシャレなアニメとして、
    強烈に記憶に残ることになりました。

     

    何が良いって、

    二階堂有希子(声優)の峰不二子が本当にセクシーでたまりません。

    顔やスタイルも元ネタであるマリアンヌ・フェイスフルに

    一番近いのではないかと個人的には思っています。

     

    第2シリーズ以降の不二子の声(増山江威子)の方が

    むしろ峰不二子の定番と言われていますが、

    この人は「天才バカボン」のママの声もされていて、

    どーしてもファミリー感が強くてほんわかしてしまうのです(^^;

    音楽はヤマタケこと山下毅雄。
    「霊感ヤマカン第六感」や「時間ですよ」のテーマ曲でもお馴染みですね。
    劇中で流れるアフロビートやサンバを基調にした曲たちも物語を彩ります!
    エンディングを歌っていたのはチャーリー・コーセイです。
    名前が印象的でこの名前だけ覚えている方も多いことでしょう。

    チャーリー・コーセイ!チャーリー・コーセイ!と

    言いたいだけの時もありました(笑)

    第2シリーズももちろん観てはいましたが、

    世間の反響とは真逆に自分の気持ちからはどんどん遠くなっていきます。

    第1シリーズが好き過ぎちゃったんですかねぇ。
    現代でも放映されてはおりますがあまり観なくなってしまいました。

     

    そのようなわけで、

    今回もまた訃報の流れからこのブログを書くに至りました。

     

    合掌....。

     

    バー ノスタ

    | 懐かし系 | 15:06 | - | - | pookmark |