CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
80s 日本の雑誌広告
80s 日本の雑誌広告 (JUGEMレビュー »)
PIE BOOKS
子供の頃、心にダイレクトに響いた広告の数々が一冊の本になっています。
「広告は時代を映す」とは言いますが、子供時代に見た当時の情景がコレを見ると浮かんできます。懐かしさはもちろんですが、現代の広告デザインにも通用する名作がそろっています。店主オススメです!
RECOMMEND
RECOMMEND
bar nosta(バーノスタ)
〒105-0013 東京都港区浜松町2-6-2 浜松町262ビルB103 TEL&FAX/03-6323-5123
MOBILE
qrcode
オール・ライト(クリストファー・クロス)
0

    0930

     

    9月も本日で終わりですね。

    少しづつ涼しくなってきました。

    こんな秋の夜長にはお酒を呑みながらAORでも聴きたくなります。

     

    「AOR」....。懐かしいですね。

    実際のところ、確かな意味合いがよくわからなかったりもしますが、

    「落ち着いた大人のしっとりとしたオシャンティーな楽曲」、

    てな感じ.....というところでしょうか。

    「オレ、普段はAOR聴いてるんだよね。」とか言ったりして(笑)


    さてさて今回ご紹介するのは、
    オール・ライト(クリストファー・クロス)です。

     

    AORを代表するアーティストですが、

    何と言っても、顔と声のギャップがすごい!!!!!

     

    初めてラジオで聴いた時、

    なんてキレイで澄んだ美声なんだ!と。

    レコード屋で見たアルバムもフラミンゴだし、

    きっとものすごいハンサム野郎なんだと思っていました。

    で、実際「ベストヒットUSA」でその姿を初めて見た時、

    5秒間呆然とした記憶があります(笑)

     

    彼のことを調べてみると、

    デビュー時はコンサートもせず、

    素顔を公開していなかった。とのこと。

    やっぱりコンプレックスがあったのだろうか.....。

     

    80年代の売れ方はハンパなかったですね。

    ニューヨークシティセレナーデ(Arthur's Theme)が

    特に有名ですが、

    個人的には思わずスイングしてしまう

    「オール・ライト」が好きですね。

     

    今でも顔と声のギャップを楽しみながら

    聴いてしまうアーティストのひとりです。

    秋の夜長に(AOR全般)聴いてみてください。

     

    バー ノスタ

    | 映像系 | 14:32 | - | - | pookmark |
    お酒その79
    0

      0927

       

      しばらく雨続きで涼しかった天気も

      今週に入ってまた暑くなってきました。

      暑がりの店主はまだまだTシャツ&短パンですが.....(^^;

       

      そんな状況なので、

      夏の定番メニューのモヒートもちょい復活してますよ〜。

       

      でもでも、そろそろ自家栽培のミントも終わりに近づいており、

      まもなく今年のモヒートも終わりを告げようとしております。

      デカい葉っぱで有名だったのですが、

      この時期には小さくなってしまいます。う〜ん、寂しい。

       

      ミントの育ち具合でいつまでやるかわかりませんが、

      呑み納めをそろそろオススメしますよ〜!

       

      ヨロシクで〜す!

      バー ノスタ

       

      | お酒 | 13:57 | - | - | pookmark |
      「昭和的未来系」な建物
      0

        0923

         

        今回は番外編で、
        昭和を身近に感じられるスポットをご紹介しましょう。

         

        ワタクシ店主は食品の買い出し等で
        築地に赴くことが多々ありまして、
        いつも浜松町から築地方面に向かう道中で
        必ず立ち止まって見上げてしまう建物があります。

         

        「中銀カプセルタワービル」です。
        チョー有名なビルですね。

         

        これは1972年(昭和47年)竣工された
        世界で初めて実用化されたカプセル型の集合住宅なのです。
        故黒川紀章が設計したメタボリズムの代表的な作品なのですねえ。

         

        それぞれが独立したカプセルになっていて、
        取り外しすることが出来るという
        何とも「昭和的未来系」な建物なのです。

         

        内装は実際に見たことはないのですが、
        写真で確認する限りは
        「2001年宇宙の旅」のようなスペーシーな空間なのです。
        1970年の大阪万博でもこのような空間が展示されてましたね。

         

        しがないグラフィックデザイナーの端くれでもあるワタクシも
        こんな空間に憧れて、ここに事務所でも構えたいなぁ、
        なんてことを思ったこともあります(十数年前)。

         

        実際住んでいる人の話を聞くと、
        老朽化が激しく、使いづらいとのこと…..。

         

        定期的にここの持ち主が公開してるようで
        当店の常連様もその公開日に中に入ったそうです!
        うらやまし〜!!!!!
        今度機会があったら入ってみたいもんですね。

         

        銀座8丁目にありますので、
        近くにお寄りの際は見上げてみて下さい。
        昭和を堪能できますよ(^^)


        バー ノスタ

        | | 19:09 | - | - | pookmark |
        ボヘミアン(葛城ユキ)
        0

          0916

           

          少しづつ涼しくなってきましたね。
          秋ですね〜。

           

          今回は、

          1983年のヒット曲「ボヘミアン(葛城ユキ)」をご紹介です。
          先日、お客さまとカラオケの話になりこの話題になりました。
          別にファンでも何でもないのですが、

          何かものすごく記憶に残る曲なワケです。

           

          彼女のアマゾネス的(?)でワイルドな風貌、
          そして声量の豊かな究極のハスキーボイス。
          その声で「ボヘミア〜ン!!!!!」と歌う姿がインパクトありありなのです。

           

          「ひょうきんベストテン」では、
          山田邦子がモノマネをしておりましたね。

           

          楽曲も飛鳥涼と井上大輔が提供した名曲。
          実は、この曲は別の方が歌っていたカバーだったのですね。

           

          お客さまとの共通認識としては、
          声がかれると「ボヘミア〜ン!」と言ってみたくなり、
          さらには上手く歌えるんじゃないかと

          錯覚するという40代は多いだろうと….。

           

          というわけで、30年以上も前の曲ですが、
          皆の記憶にしっかり残る名作なのでございます。


          バー ノスタ

          | 映像系 | 15:39 | - | - | pookmark |
          お酒その78
          0

            0912

             

            9月に入って気温が少し落ち着いたものの

            まだまだムシ暑い日が続いていますね〜。
            今回も前回に引き続き新参のビアーをご紹介しましょう。

            ウイスキーの聖地スコットランドから

            非常にパンクなビアーをご紹介です!

             

            その名も「ブリュードッグ・パンク・IPA」。

            スコットランド産モルトと

            ニュージーランド産ホップを使用した

            フルーティでホッピーなIPAです。


            これでもかというくらいの大量のホップを贅沢に使い、

            香りがとにかく高いのです!

             

            香りの印象をそのまま引き継ぐ南国フルーツと

            優雅な麦芽由来の甘さ、

            うっとりするビターグレープフルーツ様の踊るホップ!

             

            これぞパンク!


            ゼヒご賞味あれ〜。

            バー ノスタ

            | お酒 | 13:40 | - | - | pookmark |
            チェイサーのカッチョイイ出し方
            0

              0907

               

              相変わらず暑い日が続いております。

              暑い日はチェイサー(追い水)もいっぱい摂取したくなります。

               

              バーテンダーたるもの、

              チェイサーの出し方ひとつにも手を抜かずに

              カッチョ良くできないものかと

              常に考えあぐねておりました。

               

              というわけで、

              昭和ノスタルジーを追求する

              当店ならではの出し方を長年研究した結果、

              写真のような魔法瓶を導入いたしました。

              1970年代の骨董品でありながらなんと未使用品!

               

              この魔法瓶でこれ見よがしに

              水をついであげたろうかと思っております(笑)

               

              夏は冷水、冬はお湯もいけます(当たり前)。

               

              ぜひ遠慮なくご注文くださいませ(^^)v


              バー ノスタ

              | 告知 | 17:04 | - | - | pookmark |
              秋のメニューブック配布開始!!!
              0

                0901

                 

                早くも9月です。秋の到来です。
                でもでもまだまだ暑いですね〜。

                まだ夏のような暑さではございますが、
                秋のメニューブックを本日より解禁とさせていただきます。

                今回も毎度8ページの少ない内容ですが、
                ぜひお持ち帰っていただきご愛読くださいませ。
                また、今号から新連載のコラムが1つ登場です!
                お楽しみに(^^)

                夏の大定番だった「モヒート」も
                自家製ミントが採れる限りはご提供します!

                つーことで、秋の夜長を楽しんでいきましょう!
                ひとつヨロシクお願いします(^^)v!

                バー ノスタ

                | 告知 | 10:14 | - | - | pookmark |
                来年の2月の話
                0

                  0830

                   

                  まもなく8月も終わりです。

                  まだまだ暑い日もあるとは思いますのが、

                  夏の終わりというのはなんだか寂しいものですねぇ。

                   

                  で、今回は「ちょっと早いよ!」

                  ってツッコミが入りそうな話をしたいと思います。

                   

                  当店はこの8月に4年半が過ぎ、

                  来年の2月におかげさまで5周年を迎えることになります。

                   

                  5周年といえばひとつの節目と考えたいところ。

                  そこでマスターとしては何かしら考えなくてはなりません。

                   

                  去年も一昨年も手前で慌てて

                  大したことができない失態を繰り返しておりますので

                  今度は5周年ということで

                  半年前からしっかり準備をしたいと思っております。

                   

                  お客様のご意見を聞きながら、

                  楽しい5周年が迎えられるようにしたいな、と。

                  ノープランなのでご意見くださ〜い!

                   

                  と言っておきながら結局何もしないまま

                  当日を迎えちゃいそーなんだな、コレが...(^^;


                  バー ノスタ

                  | 準備 | 14:23 | - | - | pookmark |
                  コミック雑誌なんかいらない!
                  0

                    0826

                     

                    暑いですね〜。

                    そろそろ8月も終わりですが、まだまだ暑い日が続きます。

                     

                    そんな暑い夏ですが、
                    今年の芸能ニュースは話題に事欠かない

                    熱い報道合戦が繰り広げられております。

                    マスコミの行き過ぎた報道もいかがなもんかと思ったりもします。

                     

                    そんな今年の芸能ニュースを見ていると
                    80年代の写真週刊誌戦争や

                    当時の過激な報道合戦が再燃してるのかと思ってしまいます。

                     

                    そんな80年代の報道をテーマにした邦画をご紹介します。
                    「コミック雑誌なんかいらない!(1986年公開)」です。

                     

                    内田裕也が架空の芸能レポーターに扮し、
                    当時の事件や事故を執拗に追いかける奮闘劇で、
                    ワイドショーに踊らされる大衆を皮肉った作品。

                     

                    レポーターの口癖が「恐縮です」であって、
                    これは実際の芸能レポーター梨元勝であることは明白なのです。

                    この人の当時のレポートぶりは尋常ではありませんでしたね。

                     

                    この作品の面白いところは、
                    実際に「お騒がせ」した本人たちが出演しているところ。
                    松田聖子と神田正輝の結婚のところに郷ひろみが出演していたりとか…。
                    ロス疑惑の三浦和義本人が出演していたりとか…。
                    「大丈夫か〜」とドキドキするほど。

                    三浦和義はタレントでもなんでもないのに。

                     

                    豊田商事会長刺殺事件(劇中ではビートたけしが犯人役)なんかは
                    殺人の一部始終を実況してしまう今では到底あり得ない報道をしていました。

                    恐ろしいことです。

                     

                    他にも、当時のニュースが盛りだくさんで、
                    観る側としてはもうお腹いっぱいなワケです。

                     

                    今年の報道合戦を見て、思わずこの映画を思い出してしまいましたが、
                    つくづく有名人にならなくて良かったなぁ、と思う今日この頃なのです。


                    バー ノスタ

                    | 映像系 | 13:54 | - | - | pookmark |
                    お酒その77
                    0

                      0822

                       

                      本日はトリプル台風。

                      このあと都心直撃の予報ですが、

                      皆様気を付けましょう。

                       

                      それにしても、まだまだムシ暑い日が続いています。
                      今回は新参のビアーをご紹介しましょう。

                      いつも当店でご好評いただいている

                      ピルスナータイプの「タヒチ・ヒナノビール」の

                      姉妹版のビアーが入荷しました。

                       

                      その名も「ヒナノ・アンバーエール」。

                      焙煎されたモルトを使用し、

                      カラメル香の甘い香りとコクが加わる事により、

                      スッキリとした味わいの中にも、

                      飲みごたえを感じさせる味わいに仕上がっています。


                      焙煎香は感じられるものの、とてもライトな味。

                      そういう意味では日本人好みのアンバーエールと言えます。

                      ゼヒご賞味あれ〜。

                      バー ノスタ

                      | お酒 | 15:07 | - | - | pookmark |
                      | 1/48PAGES | >>